Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

〜東日本大震災被災地の子ども達にキャンプを贈る会〜

被災地の子ども達を、ハーモニィセンターのキャンプにご招待して目一杯元気になってもらいたい!という気持ちを軸に 作りました。被災地の子ども達はハーモニィのキャンプがなくても困らない。でも、ないよりも、あった方がいいに決まってる。子ども時代にハーモニィのキャ ンプがあったら、きっともっともっと強く生きられる。ハーモニィのキャンプは最高だからー。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

Trackback: --   本文: --   

【はじめのごあいさつ vol.4 】 

sunsethorse.jpg



こういう活動をしようとするとき、お金がある人はお金をだせばよく、
知恵がある人は知恵をだせばいい。体力と力がある人は、体力と力を
出せばいいのだそうです。

 なるほど~と思いました。

 私は、、どれも少ししかないなあ~と思いました。
 どれも少ししかないけど、それはつまり、どれもが少しならあるということです。

 そういう人が、たくさん集まったら、それは、”小さな力”から、
“大きな力”に
なっていくと思うのです。

 私一人では、きっと、子どもひとりふたりをご招待するくらいで、精一杯です。

でも、みなさんが、少しづつ力を貸してくださったら、二人が三人、三人が四人へ
少しづつ多くの子ども達にキャンプを贈れるようになると思うのです。

 うまくいかないかもしれないなあ~という不安。最初は少しだけありました。

 でも!そんな私の不安など、大切なものをたくさんなくしてしまった方々を
思ったら、全く何でもないことです。
 私は、3月の震災で、何もなくしていないのです。
 
clover.jpg


そしてまた、今回のことは、成功するもしないも、ありません。

自分の気持ち、みなさんの気持ちを、できるだけ集めて、それでできるだけの
子ども達にハーモニイのキャンプを贈れたら、それが成功です。

 「ハーモニイのキャンプを贈れたら、それはきっと素晴らしいね!」とご賛同
くださるみなさんのお気持ちを、責任をもって、大切にお預かりさせていただき、
必ず、被災地の子ども達に届けます。

 全力を尽くして、・・古くさい言葉かもしれませんが、他に言葉がないので、、。
ほんとうに、全力を尽くして、やりとげます。

このブログでは、みなさんにご寄付のお願いをさせていただきますが、
ご協力いただきたいのは、ご寄付だけはありません。
  
 正真正銘のあたたかい気持ちだけでも、このブログに寄せてくださったら、
このブログが、どんどんあたたかくなってきますので、お気持ちだけでも
どうか応援してください。

 被災地の子が、一人でも多く、いい時間を持ってくれたらいいなあとか、
ハーモニイのキャンプで、元気になってもらえたらいいなあとか、思って
くださるだけでも、十分です。


 思ってくださるだけで、この場所が、あたたかくなります。

smile01.jpg


 もしも誰か人のために何かする元気がない方がいらしたら、ハーモニイの
キャンプを思い出して元気になるために、どうぞいつでも遊びにきてください。

 心の中の奥の方にしまい込まれてしまっていたハーモニイの思い出が、
むくむくとよみがえってくるような、そんなことも綴っていこうと思っています。

 ・・ここまでおつきあいくださいましたみなさん、ありがとうございます。
 
 ブログの形なので、少しづつご紹介させていただくしかできず、、なんだか
ご挨拶が長くなりました。ごめんなさい! 
 
 でも!あともう少し、活動の詳しいお話しさせてください。

 最初には、やはりどうしても必要だと思うのです。 

 明日からは、以下のようなこと、ご紹介させていただきます。

★ 会の紹介(メンバーや活動主旨や期間・内容など)
★ ハーモニイセンターとキャンプについて 
★ ご招待する子ども達について
★ ご協力をお願いしたいこと(ご寄付についてとご寄付以外のお願い)
★ みなさんにお約束します
 
これから、心をこめて、頑張っていきますので、どうぞあたたかく
見守ってください。

どうぞよろしくお願いいたします!

ハーモニイセンター 20期カウンセラー・ ピカ 
スポンサーサイト

カテゴリ: 1:はじめのご挨拶

【はじめのごあいさつ vol.3 withボクとJOEの歌】 

camp04.jpg



ハーモニイのキャンプと被災地の子ども達がつながって、胸が高まりました。

ハーモニイのキャンプを届けられたら、これほど素晴らしい応援は
ないんじゃないか。

 これからを生きていく、未来をつくっていく子ども達の、血となり、
肉となり、生きる力になっていくに違いないハーモニイのキャンプを
届けられたら、それはとても素晴らしいんじゃないか。

 ハーモニイのキャンプで、どんないやなことも、どんな悲しいことも、
いっとき全部忘れて、思い切り笑ってもらいたい。

 明日はどんな楽しいことがあるだろう!とわくわくしながら眠る瞬間を
味わってほしい!

 わくわくと楽しいことを待つ気持ち。新しい友達ができる喜び。
歌を歌って気持ちが明るくなる感覚。美味しいご飯をお腹いっぱい
食べて、遊んで遊んで、楽しい三昧で一日を終える感覚。
明日も今日みたいに楽しかったらいいなあ!
キャンプ、ずっと終わらなかったらいいのに!とおもう気持ち。。

 そんなことを、ハーモニイキャンプで経験してもらえたら、どれだけ
素晴らしいだろうと思うのです。

 悲しい思いもたくさんしてしまった子ども時代だったけど、
ハーモニイのキャンプみたいな素晴らしくいい時間が、自分の
子ども時代にも確かにちゃんとあったんだっていう思い出を、
心の中にもっていてもらいたいなあ
と思うのです。

 そういう思い出が、大人になってからも、辛いことや苦しいことを
乗り越えていく力に、きっときっとなっていくと思うのです。

 だって、本当にハーモニイのキャンプは最高だからー。




(ちょっと余談。ボクとJoeの歌。私のベスト・ハーモニイソング♪
出来た当時がちょうど現役真っ最中でした。
出来たときは、カセットテープ。これが大好きで大好きで
何度も繰り返して聞きたいけど、テープだと伸びてしまうので、
これだけを何回もテープにダビングしたり、それでも
テープが切れないように大事に聞いていました。
20年間ずっと大好きだけど、今回これを作って、やっとやっと、
ボクとJOEは、牧場 の ぼく と じょう に違いないってことに
気がつきました。。
ずっとJoe って誰だろうと思っていたのは、、私だけ??
えーーーっ!!)

カテゴリ: 1:はじめのご挨拶

【はじめのごあいさつ vol.2】 

camp03.jpg


 今年の3月。みなさんは、どんな気持ちで毎日をお過ごしでしたか?

 震災当初、場所が場所だったので、相馬のポニー牧場のことが気がかりでなりませんでした。
ハーモニイのポニー牧場。思い出がたくさんある大切な場所。今もこれからも、ずっと
あのままで有り続けてくれるだろうと安心しきっていた、大切な場所。
 牧場の無事が確認できるまでの、胸のどきどきは、今でも覚えています。

 無事が確認できて、ホッとし、でも、原発の状況もあり、相馬を心配する
ハーモニイセンター全体としての不安な空気も感じて、ひとしきり、
心が落ち着かない時間を過ごしました。

 牧場に心をよせて日々過ごすうち、しばらく忘れていた、ハーモニイセンター
で思い切り過ごした20年前のことを、たくさんたくさん思い出しました。

 20年経っても忘れないくらいのキラキラした思い出。
子ども達や馬や、カウンセラーであることに、純粋に、ひたすら夢中で過ごしていた時間。

 それらが全部、今も、心の支えになっている。
自分の身体の一部になっていると強く実感したのです。

 20年経って今でも覚えていること。他にはそれほどありません。
ハーモニイセンターのキャンプって、ほんとにすごかったんだなあ〜!
改めて思い知りました。
 そんな時間をもてた自分は、ほんとうに、とても幸せだったと思うのです。

 そんなハーモニイに対する思いを心に噛みしめつつ、日々の生活の中で、被災地に
支援物資を送る活動をはじめました。
 
ganbaretohoku.jpg


それを通して、被災地に起こったことがどういうことだったのかを、直接、
被災地の方々から、お話を伺うことができるようになりました。
  
 報道でなく、新聞やニュースでなく、お一人お一人と対話することで伝わって
くるものは、どれも胸がつまるような、胸がつぶれるくらいに辛く、切なく、
悲しいことばかりでした。

 「ほんとうに大変なことが起こってしまった」のが事実。
それを知りました。

 また、被災地支援のために、個人の力でできることを頑張っていらっしゃる方々
ともご縁をもつことができました。

 “今まで世界のどこで何が起こったって何もしてこなかったけど、今回ばかりは
じっとしていちゃいけないと思ったから”という、トラックの運転手さんがいます。
 彼を応援して、協力を呼びかけることを一生懸命続けている、主婦の方がいます。

 ひとりの力は小さいけれど、協力しあって、気持ちをよせあって、できることを
しようと、”個人”でもできることがあると知りました。


 私の心の中に、”私にもできることがあるはず。街頭募金にご寄付するとか、物資を送る
とかではないようなことも、何かしなければならない”という気持ちが芽生え、育ち始めました。

 「今だけじゃなく、1回2回のことじゃなく、細くてもいいから、長く支えて
もらいたい。それが日々生きる力になるから。」被災地のみなさんの声。

 胸にささりました。

 私にできること。考えました。

 考えて、、考えて、、。
 思いが、ハーモニイセンターのキャンプと、被災地の子ども達につながりました。。

                                       つづく

カテゴリ: 1:はじめのご挨拶

【はじめのごあいさつ vol.1〜みなさんへ心をこめて〜】 

みなさん、こんにちは!

10月になりました。
いかがお過ごしですか?


まずは、ハーモニイセンターをよくご存知のみなさんが
このブログに立ち寄ってくださったことと思います。


立ち寄ってくださって、ありがとうございます。

ハーモニイセンター20期カウンセラーのピカです。
旧姓は、波多野といいますが、、今は結婚しまして神谷になりました。
神谷ゆきと申します。


お会いしたことがない方も、知ってるような気がするけれども
あまり思い出せないなあという方も、よく覚えていてくださる方々も、
ともかく、みなさんに、ご挨拶申し上げます。


改めまして、どうぞよろしくお願いいたします!

camp02



キャンプが楽しくて楽しくて仕方がなかった現役カウンセラー時代は、
もう20年も前のこと。

 
 現役時代は、それほど、人の前にでて、手をあげて、これやろうよ!という
タイプでもなかった私ですが、何か思いついても、なかなか言い出せなくて、
なかったことにしてしまったことも数々ある私ですが、、20年たって、
発言したり、これしましょう!と、声をあげることができるようになりました。


 そして、今、2011年
 
3月に起った東日本大震災の被災地のみなさんのこと、
被災地にある相馬ポニー牧場のことに心を寄せ、自分なりに関わろうと
してきたひとつの段階として、”ハーモニイセンターの子どもキャンプを、
被災地で悲しい思いをたくさんしてしまった子ども達に届けたい!何とか
形にして、子ども達に存分に楽しんでもらう時間を贈りたい!”
という
気持ちを、数名のカウンセラーOBの応援をいただきながら、
活動にうつしていこうとしています。


2011年10月1日。
東日本大震災被災地の子ども達にキャンプを贈る会をつくりました。


 ブログの形でのスタートになりますが、少しづつ、みなさんに
活動をご理解いただき、少しづつでも、応援の気持ちを寄せて
いただけたら嬉しいです。


 なぜこのような活動に至ったのか、なぜハーモニイのキャンプでなくては
ならないのか・・などなど、今日からポツポツと、みなさんに向けて
お話しさせてください。


 ハーモニイがステキな場所っていうことを知っていてくださるみなさんと
この場で、改めてつながることができる場所をもてること、嬉しいなあと思っています。



  みなさんに楽しい気分になっていただけるようなことも、盛り込みますので♪
 今日からどうぞ、よろしくお願いいたします。


 ・・つづきは、また明日♪

カテゴリ: 1:はじめのご挨拶

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

このブログ上の写真(キャンプの写真のみ)は、財団法人ハーモニイセンターの 許可を頂いて使用しております。転載はご遠慮ください。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。