Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

〜東日本大震災被災地の子ども達にキャンプを贈る会〜

被災地の子ども達を、ハーモニィセンターのキャンプにご招待して目一杯元気になってもらいたい!という気持ちを軸に 作りました。被災地の子ども達はハーモニィのキャンプがなくても困らない。でも、ないよりも、あった方がいいに決まってる。子ども時代にハーモニィのキャ ンプがあったら、きっともっともっと強く生きられる。ハーモニィのキャンプは最高だからー。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

Trackback: --   本文: --   

今年の夏も 南相馬の子どもたちの笑顔の花が 咲き誇りますように! 

みなさん こんにちは!
大変ご無沙汰になりました。
お元気ですか?

ふたたびやってきました3月11日。
あの大震災から6年が経ちました。
改めてあの震災の意味を 思い返しています。

命を大切にしよう
日常を当たり前だと思わないようにしよう
愛する人をもっと愛そう
今日1日を精一杯生きよう

助け合おう!力になろう!

この日を この気持ちを
忘れないようにしよう。

この痛みを 忘れないようにしよう。

色々な想いが生まれ 育ち
色々な想いが 形になりました。

キャンプを贈ろう!の活動も その形の ひとつです。

何もなくても 普通の毎日をちゃんと
過ごすのは 決して簡単なことでなく、
まして 何かあったら 自分のことに必死で
他の人の苦難に寄り添うことは
時に 難儀なこともありますが、
この6年間 この活動が ひとつの形となって
純粋に ただあり続けられたことが
心の支えになりました。

昨年夏キャンプでも 南相馬の子供たち9名が
ただただ夢中に遊んで 楽しんでくれた
尊い時間があります。
            
東京の友だちができました!
ポニー乗馬 楽しかった!
知らない人もたくさんで最初緊張した
馬房掃除 思ったより大変だった
一輪車をトラックに乗せるのがつらかった
とにかくいろいろな経験ができた
川遊び 水が冷たかった
また来年も来れたら来たいな

乗馬を教えてくれた牧場スタッフのみなさん
わからないことを親切に教えてくれた
リーダーさん
おいしいごはんを毎日作ってくれた食事班の
みなさん
本当にありがとうございました
(感想文より 抜粋)
            
震災がなければ 出会う事のなかった、
南相馬の子どもたちや 南相馬で頑張る
大人のみなさんと この活動を支えてくださる
大勢のみなさんが 手をつなぐような
そんな時間が キャンプを贈ろう!の
活動には たくさんありました。

普段 被災地のことを忘れていても
夏のキャンプのときには 思い出して
また 心を寄せていただける。
そういうキッカケにもなったかなあと
おもいます。

日常の毎日の中では さほど力になれなくとも
南相馬の子どもたちの夏休みの間の数日の、
いつもと違う楽しみな時間を また今年の夏も
プレゼントできたら 最高に嬉しいです。

現時点での キャンプを贈る会の口座残高
48万ほどになります。もうあと少し
お気持ち寄せていただけましたら
今までと同じ規模で 子どもたちにお声かけ
させて頂けます。

みなさんの元気なお気持ち 余力が
ございましたら またどうぞご支援のほど
よろしくお願いいたします。

2017年夏にむけて もうひと息!
私たちも頑張ってあゆみます。

私の住む ハワイはマウイ島。
200年近く続いていサトウキビ産業が
昨年末に終焉をむかえ、畑に人の手が
はいらなくなって3か月経ちました。

瞬く間に荒野になってしまうだろうと
寂しく思っていましたら 黄色いお花が
たくさんたくさん咲き始めました。

自然の力がどれほど人智を超えるパワーが
あるか 改めて深く感じています。

どんな悲惨ことが起こっても
太陽があり 雨が降り 大地がそこにあるならば
ちゃんとちゃんと息を吹き返すことができる。
それが母なる大地。自然の力。

私たち人間も 自然の一部。
自然のサイクルとともに 生きかえろう!
育とう!手を取り合って 支え合って
みんなで生きよう。
それが自然の姿。

地球 がんばろう
日本もがんばろう
我らが人間も ちゃんとちゃんとがんばろう

今年の夏も 南相馬の子どもたちの
笑顔の花が 咲き誇りますように!

キャンプを贈る会 代表
波多野 ゆき
マウイ島の黄色いお花
スポンサーサイト

カテゴリ: みなさんへ

震災から4年と2日が過ぎました。 

2012springcamp01.png

みなさん、こんにちは!
大変長いことご無沙汰しておりました。

お元気ですか?

東日本大震災から4年と2日が経ちました。

11日には追悼の式が各地で行われ、日本中の、世界中の、
被災地をおもう多くの方の思いが、またひとつになりました。

亡くなった方々の鎮魂を祈り、残された方々の心の痛みをおもって祈り、
一刻も早い復興を祈り、そして、自分には何ができるのだろう、
まだ何かできることがあるだろうかと、自分に問いかけた方が
多くいらっしゃるのではないかと思います。

4年経った今の被災地の状況を映像でみたら、被災地の方々の声をきいたら、
「忘れてはいけない」という気持ちを、思い起こさずにはいられないのでは
ないかと思います。

私も、その一人です。

映像をみるにつけ、人々の声をきくにつけ、「やっぱり忘れてはいけない」
「まだできることがたくさんあるじゃないか」という思いがもっと大きくなりました。

被災された方のかわりにはなれなくて、心の痛みをとることもできなくて、
お家をたてることもできなくて、なくしたものを元にもどすこともできなくて、
お話をきくこともできなくて、手を握ることもできな くて、
一緒に隣で泣くこともできなくて、、できないことだらけではありますが、
それでも、何か力になりたい と思うのです。

支援とか、援助とか、そういうことでなく、何か少しでも力になりたい。
そう思うのです。

キャンプを贈る会は、被災地の子どもたちが元気いっぱい遊んで、
たくさん笑って、明るい気持ちで生きていくための力に、少しでもなりたいと
そう思って活動続けてきました。

今も、その思いは同じです。

人間は外的要因の大きなショックに傷つき、ときに病気にもなったりしますが、
”立ち直る力”というものももっています。

その”立ち直り、未 来にむかってぐんぐん進んでいく生きていく力がある”ことを信じて、
子どもたちに、つかの間でも、心と身体の充電をしてもらえたらなあと思っています。

今年2015年の夏、また被災地の子どもたちが、キャンプで大笑いし、
真剣に遊んで、存分にリフレッシュできるよう、
キャンプを贈る会は準備を初めています。

3月11日だけでなく、いつも、心のどこかに、被災地を、被災地のみなさんを
気にかけている多くの温かい支援者さんの気持ちと、今までのキャンプで笑顔を
見せてくれた南相馬のこどもたちのことを思って、この夏の企画実現にむけて
がんばっていきます。

震災から4年と2日が過ぎました。

改めて、心から、合掌ー。

キャンプを贈る会 一同 

カテゴリ: みなさんへ

【2014年キャンプを贈る会 会計報告】 

みなさん、こんにちは!
2014年最後の一日となりました。
いかがお過ごしですか?

大変大変遅くなりました。
年末の、一年の最後の最後のブログで恐縮ですが、、
2014年のキャンプを贈る会 会計報告を、以下、申し上げます。

【収入】
1:第3回のキャンプ後の繰り越し金    829354円
2:ご寄付                660220円
3:チャリティーTシャツ           37119円
4:物販 (チャリティクッキー以外でご協力いただきました) 7790円
5:チャリティークッキー  (679個)  304700円
6:利息                     425円
————————————————————————————————————
         合計    1866643円

【支出】
1:チラシ              21000円
2:募集要項              4640円
3:クッキー購入          190120円
--------------------------------------------------------------------------------- 
         合計        237795円


収入 1866643円 マイナス 支出 237795円 = 1628848円

現在の口座残高は、 1628848円  です。


会計ご報告の中に、夏休みのキャンプご招待に何も”支出”がないこと、
改めて、残念に思い、また、応援してくださっているみなさんに申し訳ない気持ちで
いっぱいです。

2011年のキャンプを贈る会発足から、ほんとうに多くの方が応援してくださって
ご支援いただき、少しずつ活動を育ててきました。

第3回まで、真野っこ(南相馬の小学生)たちがキャンプで存分に楽しんでいって
くれまして、楽しかった!嬉しかった!また行きたい!と、キラキラした感想を
寄せてくれました。

2014年のキャンプを贈る会は、第4回のキャンプご招待が実現できません
でしたことで、今後の課題を見つめてみる大きなきっかけができました。

キャンプをプレゼントするということ自体は、南相馬のこどもたち、きっときっと
喜んでくれる企画だと、今も、自負しております。

次は、そこにつなげるまでのステップにも、もっともっと力を注ぎたいと思います。

活動を応援してくださるみなさんからも、ご意見や、お知恵をいただけましたら
嬉しいです。

みなさん、今年もたくさんお世話になりました。
活動を気にかけてくださって、応援してくださって、ほんとうにありがとうございました。

第4回のキャンプを贈ろう!で、再び真野っこたちの笑顔がたくさんみられることを
心に思い、また一歩ずつ、がんばっていきますので、来年も、どうか応援を
よろしくお願いいたします!

みなさん、どうぞよいお年をー。

被災地のみなさんにも、心穏やかな平和な年明けがやってきますようにー。

カテゴリ: みなさんへ

ご寄付に、クッキーに、、ありがとうがたくさんです♪ 

thank you

みなさん、こんにちは!
お元気ですか?
もう近くで、、みつけましたか?

キャンプを贈る会は、多くの支援者のみなさまのおかげで、春がいっぱいです♪

昨年末からも、ご寄付ご協力をたくさんいただいておりますので、
ここにご報告申し上げますとともに、改めまして、みなさまに
心からの感謝の気持ちをお伝えしたいです。

以下のみなさまからご寄付いただきました。

小藤英子さま
上里明子さま
池上祐子さま
山路樹里さま
廣田文さま
長谷川まりこさま
吉川満里子さま
Etsuko Suzuiさま
今屋邦子さま

応援のお気持ち、大切にお預かりさせていただきます。

ほんとうに、どうもありがとうございます!!

多くのみなさまのあたたかい応援のおかげで、キャンプを贈る会の口座残高は、
今日現在、1029113円となりました。

(クッキー発送の際の諸経費などは、まだ未清算です)

チャリティークッキーは、まもなく400個が完売となります。

クッキー2014

ご家族で、個人で、ご友人や会社のお仲間と、贈り物に、、と、たくさんたくさん
ご注文いただき、ありがとうございます。

今も、まだまだご注文受付しております。

美味しい!というご報告、たくさんいただいております
嬉しいクッキーです。

できるだけ消費期限が長く、新しいものをお届けしたいので、
一回完売になるごとに少しづつ発注しています。

今お届けしますクッキーは、賞味期限5月6日まで♪

ご注文、お問い合わせは、お気軽にメールくださいませ!

kamiyayuki1107@yahoo.co.jp まで。

みなさん、今日も元気でー!!

カテゴリ: みなさんへ

【折しも3月11日に】 

2014年3月11日。

折しも震災から3年後の今日、今までに3回のキャンププレゼントをしました
福島、南相馬市の真野小学校から郵便が届きました。

来年度から鹿島小学校に合併されてしまう真野小学校の閉校記念誌です。

真野小学校閉校記念誌

校長先生がわざわざ送って下さいました。

140年続いた真野小学校の様々な出来事、歩みが、大勢の子供たち、大人の方々の
言葉や写真で綴られています。

式典案内


震災から3年。

こうして節目を迎えて、区切りをつけなければならないことが、
今もこれからもたくさんでてくるのだろうと思います。

そうやって前に進んでいくことが大切なのかもしれません。

子供たちも大人のみなさんも、困難にマケズ、どうかこれからも頑張ってと
祈る気持ちです。

震災を、被災地を忘れないという言葉だけでなく、一人でも多くの人が、
まだまだできることに関わって、、友達を気にかけるような心で、
これからも応援を続けてもらいたいなあと思います。

一緒に、応援続けたいなあ思います。

引き馬の写真がアルバムに
(一昨年の秋、仮設校舎の真野小学校に、蓼科ポニー牧場からポニーを連れて行って
一日乗馬教室を行いました。全校生徒に楽しんでもらえて、嬉しい一日でした)


キャンプを贈る会。

夏キャンプの準備がまもなく始まります。





カテゴリ: みなさんへ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

このブログ上の写真(キャンプの写真のみ)は、財団法人ハーモニイセンターの 許可を頂いて使用しております。転載はご遠慮ください。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。