Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

〜東日本大震災被災地の子ども達にキャンプを贈る会〜

被災地の子ども達を、ハーモニィセンターのキャンプにご招待して目一杯元気になってもらいたい!という気持ちを軸に 作りました。被災地の子ども達はハーモニィのキャンプがなくても困らない。でも、ないよりも、あった方がいいに決まってる。子ども時代にハーモニィのキャ ンプがあったら、きっともっともっと強く生きられる。ハーモニィのキャンプは最高だからー。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

Trackback: --   本文: --   

【真野小学校にて説明会 無事終了!】 

みなさん、こんにちは!

先週の金曜日、2月24日、南相馬市立真野小学校にて
この度ご招待させていただくこととなりました、6年生の
児童の保護者のみなさんにお集まりいただき、キャンプの
事前説明会を行いましたので、ご報告申し上げます!

(財)ハーモニイセンター職員の村松さんと、相馬ポニー
牧場の牧場長、原田さんのお二人にご協力いただき、キャンプに
ついての詳しい説明、集合解散のこと、移動行程、キャンプの
内容などなど、お話していただきました。

以下、相馬ポニー牧場、牧場長・原田さんのご報告レポートです。


-------------------------------------------------

説明会

東日本大震災被災地の子ども達にキャンプを贈る会 (通称:キャンプを贈る会)が、
春休みの蓼科Bキャンプに招待する、南相馬市立真野小学校の保護者に向けて、
キャンプの説明会を行いました。

真野小学校は、南相馬市内の小学校で唯一、津波の被害を受けた小学校です。

 キャンプを贈る会は、その小学校の6年生10名を、ハーモニィセンターの
ポニーキャンプに招待する
ことになりました。


子どもたちは、全員参加したくて、うずうずわくわくドキドキしている
ようですが、やはり親御さんは、子どもと離れる事や初めてキャンプに
送り出すということで、様々な不安があります。

そこで、事務局より、うめさん(村松)、そして牧場からは、あたろう(原田)が、真野小学校
(南相馬市立鹿島小学校の校庭に建てられた仮設校舎で勉強中)に
出掛けてきました。

冒頭、校長先生より「こんなにすばらしい企画を立ててくださり、本当に
感謝しています。子ども達はみんな楽しみにしています」とお話
がありました。

校長先生、担任の先生を始め、児童の中にも仮設住宅から学校に
通ってきている状況の中、全国各地からの色々な支援はありますが、
ポニーキャンプにご招待!と言うのはもちろん初めてでしょう。

 まずはパワーポイントを使って、蓼科ポニー牧場がどんなところなのかを
見ていただきました。

「標高1150mのところにあります。南相馬より少し寒いかもしれません」

そして、ポニーキャンプ1日の流れ を説明。

馬房掃除

「ただポニーに乗るだけでなく、馬小屋掃除や手入れもします」

上級になると、こんな障害も飛べてしまいます!」

相馬野馬追の里で生活する保護者の方も、小学生が一人で手綱を持って
乗馬している姿や外乗の写真などを見て、キャンプに興味を持ってくださった
ようです。

「プログラムは選択性で、探検冒険をしたり、お菓子作りをすることもあります」

「夕食を食べた後ももうひと遊び。ゲーム大会や班毎の出し物・演芸会など、
たっぷりと楽しみます」

うんうん、と頷いたり、身を乗り出して映像を見たりする光景が見られました。

持ち物リストを作り自分でチェックしたり、健康チェックカードも記入したり
するという説明で、キャンプでの生活面の不安も、徐々に解消されていきます・・・。

南相馬から蓼科まで。7時間以上かけて移動します。集合解散のこと、
移動の行程、交通機関を丁寧に説明しました。

ちなみに、どのような行程かと言うと・・・

相馬駅集合、バスで1.5時間かけて福島駅へ。そこから新幹線で大宮まで。
埼京線で新宿に出て、ご存知スーパーあずさで茅野駅まで。
そこからマイクロバスで20分。

途中の乗継での待ち時間もありますが、14:20に相馬駅からバスに乗り、
夜の9時過ぎに蓼科ポニー牧場に到着です。

ポニトレ

最後は質疑応答

初めてキャンプに送り出す親としては、不安、聞きたいことがたくさんあります。
活発なやり取りがありました。

予定時間を20分もオーバーして説明会は終了。

できれば6年生全員にキャンプに参加してもらいたいと思いますが、当然
希望制ですので、まだメンバーの決定はしていません。

当初3/28に予定されていた離任式を、キャンプに参加するであろう
6年生の為に、キャンプ出発日の午前中(3/27)に変更するなど、
校長先生や教職員の協力を得ました。

子ども時代の楽しい思い出は、その後の生きる活力になる。

子どもたちの笑顔は、大人にもパワーを与える。

ひとりでも多くの児童に参加してもらい、地域の復興やこれからのために、
まずは一歩踏み出してもらえればと思います。

***************************************************************

原田さん、ご報告、どうもありがとうございました!

この度の、キャンプを贈る会の企画の実現にむけて、ご協力くださいます
真野小学校の教職員の皆様、(財)ハーモニイセンターの皆様、
相馬ポニー牧場、蓼科ポニー牧場の皆様、あたたかいご理解を
ほんとうにどうもありがとうございます。

そして、この活動を支え、応援してくださいます全てのみなさま、
どうもありがとうございます。。

心より、御礼申し上げます。

3月はもうすぐ!

春休み蓼科ポニーBキャンプも、もうすぐです♪


スポンサーサイト

カテゴリ: 4.ご招待する子ども達のこと

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

このブログ上の写真(キャンプの写真のみ)は、財団法人ハーモニイセンターの 許可を頂いて使用しております。転載はご遠慮ください。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。