Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

〜東日本大震災被災地の子ども達にキャンプを贈る会〜

被災地の子ども達を、ハーモニィセンターのキャンプにご招待して目一杯元気になってもらいたい!という気持ちを軸に 作りました。被災地の子ども達はハーモニィのキャンプがなくても困らない。でも、ないよりも、あった方がいいに決まってる。子ども時代にハーモニィのキャ ンプがあったら、きっともっともっと強く生きられる。ハーモニィのキャンプは最高だからー。

【真野小学校のみんなです♪】 

みなさん、こんにちは!
お元気ですか〜?

キャンプを贈る会は、とっても元気です♪

今日は、みなさんに、再び南相馬とつながっていただこうかと!

私たちキャンプを贈る会が、みなさんにご協力をお願いしまして
キャンプのプレゼントをしよう!と活動しております先には、
いつも、”被災地の子供たちの笑顔”があります。

第1回のキャンプを贈ろうが実現できましたことで、また一歩
絆が深くなりました。

以下、第1回のキャンプをプレゼントしました南相馬市の真野小学校
(6年生9名ご招待)の校長先生が送ってくださった学校便りです。

真野小学校は、津波で校舎1階と体育館が使えなくなってしまったため、
現在、鹿島小学校の校庭の仮設校舎で勉強しています。

みんな、元気で、毎日の学校生活、がんばっています。

そんなみんなの様子、どうぞご覧ください♪

真野小学校学校便り4月号前半

真野小学校学校便り4月号後半



次の、第2回のキャンプを贈ろう!は、この真野小学校の、6年生に
プレゼント
します。

6年生は、全部で10人。

10人の小さな入り口の先には、数え切れないくらいの多くの方が
います。


10人のみんなの先に、ひとりひとりのご家族がいて、
友達もいて、その先にも、またそれぞれにご家族や職場の方や
地域の仲間のみなさんがいらして、、今と、これからの南相馬を
支えるたくさんの方がいます。

キャンプを贈ろうの活動を見守っていていただくことは、
真野小学校の子どもたちを通して、”被災地とつながっている”
感じていただくことでもあります。

相手の顔が見えないことに、心を寄せ続けることは、
難しくなるときがあると思いますが、どうか時々、
”真野っこ” ”キャンプ” ”南相馬” ”ハーモニィセンター”
なんていうキーワードを思い出してください。

その”時々”の瞬間が集まれば、またすてきなパワーが
育っていきます。

時々でいいんです。

ときどき。

・・ときどーき♪


カテゴリ: みなさんへ

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://20ogpika.blog.fc2.com/tb.php/111-71587c48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

このブログ上の写真(キャンプの写真のみ)は、財団法人ハーモニイセンターの 許可を頂いて使用しております。転載はご遠慮ください。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード