Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

〜東日本大震災被災地の子ども達にキャンプを贈る会〜

被災地の子ども達を、ハーモニィセンターのキャンプにご招待して目一杯元気になってもらいたい!という気持ちを軸に 作りました。被災地の子ども達はハーモニィのキャンプがなくても困らない。でも、ないよりも、あった方がいいに決まってる。子ども時代にハーモニィのキャ ンプがあったら、きっともっともっと強く生きられる。ハーモニィのキャンプは最高だからー。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

Trackback: --   本文: --   

【対談:今の南相馬のこと フロンティア南相馬の伊藤理事と vol.4】 


みなさん、こんにちは!

今日もまた、ここに立ち寄ってくださって、ありがとうございます!

今日は、インタビュー連載4回目です。

11月1日から、フロンティア南相馬の伊藤理事に、今の南相馬の様子など、
お伺いしましたインタビューをご紹介しています。

伊藤理事

1回目〜3回目は、以下を。

【対談:今の南相馬のこと フロンティア南相馬の伊藤理事と vol.1】

【対談:今の南相馬のこと フロンティア南相馬の伊藤理事と vol.2】

【対談:今の南相馬のこと フロンティア南相馬の伊藤理事と vol.3】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
外で遊びたかったんだろうな

神谷:
こどもたちの様子は、どうですか? 普段は、どんな制限があるとか、
これはストレスだろうなあと思うことなどは。。

伊藤さん:
子どもたちは最近は以前よりも元気になっている気がします。

屋外にしても屋内にしても遊べる場所が増えてきましたから。

神谷:
よかったです! 除染活動が進んでいるんですね!

鹿島幼稚園人工芝
【H24.10.11南相馬市鹿島幼稚園に人工芝!】

伊藤さん:
本格的な除染は来年度からになりますが、公園や校庭など
子どもたちが 遊ぶ場所は先に除染が済んでいます。

校庭などは 0.1μSv/h 台です。
鹿島のほうでは 0.1 を切っている学校もあります。

神谷:
こどもたちは、放射能汚染のこと、なんとなくでも理解している
様子ですか?  大人がどこかで教えているとか。。

伊藤さん:
保護者の方が気にされてますね。
手を洗いなさいとか、地べたに座っちゃいけませんとか。

神谷:
なるほど、、。でも、なぜ地べたに座っちゃイケナイのかとか
説明しないと こどもも大人がみてないところでは
気をつけられないんじゃないかなと思ってしまうのですけれど。

そうですか、行動を、しつけのように、教えているということですかね。

というか、高学年には学校で少しは教えてもいいように思うのですけれど、
放射能汚染については、個人や家庭の意見に一任しますということだったら、
学校ではムズカシイのかもしれませんね。

伊藤さん:
学校ではそのようなことは教育してないと思います。
非常にデリケートな問題なので。

高見公園
【H24.10.21 みんな共和国 高見公園オープニングセレモニー】

神谷:
伊藤さんがみんな共和国の企画に参加されたときなど、何かこどもたちとの
思い出といいますか、印象に残っていることはありますか?

伊藤さん:
子どもたちに関しては、外で遊びたかったんだろうなーって感じるほど
楽しそうにはしゃいでました。

家の中で遊ばせている家庭も多くて、それが子どもたちにとっては
ストレスだったのかもしれません。

神谷:
少し神経質なお子さんなど、精神的にも肉体的にも病気になって
しまうんじゃないかと心配にもなりますが、
そういった相談などは、ありますか?

伊藤さん:
恐らくあるのだと思うのですが、そこまでの声は拾えていない状況です。

ただ、大人びた子が多いなという印象はあります。
我慢したり、気を遣ったり・・。
それを見ると少し悲しくなってしまいました。
これも震災の影響なんだろうなーと。

神谷:
ほんとですよね、そういう姿をみると、胸が痛みますね、、。

フロンティア南相馬のHPのフォトギャラリー、見させていただきました。
みんなとっても楽しそうです!

これはどうやって、子供達に声かけをされたのですか?

遠足企画プール
【H24.8.18&19 ふろんてぃ家遠足企画】

伊藤さん:
市内の小学校、幼稚園保育園すべてに募集チラシを人数分渡しました
もちろん、教育委員会にも協力をお願いしています。

神谷:
なるほど!
それだけのこどもたちを受け入れる体勢が作れるってスゴイですね!

伊藤さん:
「不公平感がないようにしてくれ」と行政の協力を仰ぐときは言われますし、
僕らもできるだけ隅々まで手を届かせたいので。

ただ、予算や人数、内容によってはターゲット絞るのも大事だなと思います。

(次回に続きます)

  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★


※連載中に掲載させていただいいます写真は、フロンティア南相馬事務局に
お願いし、おかりしております。転載・無断利用、固くお断りします。

※写真のキャプションの、「ふろんてぃ家」は、フロンティア南相馬の事業の
子どもサポート事業のプロジェクト名です。

カテゴリ: 南相馬

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://20ogpika.blog.fc2.com/tb.php/184-b623edcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

このブログ上の写真(キャンプの写真のみ)は、財団法人ハーモニイセンターの 許可を頂いて使用しております。転載はご遠慮ください。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。