Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

〜東日本大震災被災地の子ども達にキャンプを贈る会〜

被災地の子ども達を、ハーモニィセンターのキャンプにご招待して目一杯元気になってもらいたい!という気持ちを軸に 作りました。被災地の子ども達はハーモニィのキャンプがなくても困らない。でも、ないよりも、あった方がいいに決まってる。子ども時代にハーモニィのキャ ンプがあったら、きっともっともっと強く生きられる。ハーモニィのキャンプは最高だからー。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

Trackback: --   本文: --   

【ラジオでお話したこと その2】 

みなさん、おはようございます!

今日は、前回の続き、ラジオでお話したことのその2です。

前回の記事はこちら → ラジオでお話したこと その1

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

遠藤さん:去年のキャンプご招待は、南相馬市の真野小学校
6年生のみなさんだったんですよね。

神谷:はい!去年は、春休みと夏休みに、福島県南相馬市
真野小学校6年生の子ども達、合計19人に、キャンプの
プレゼントができました。

夏キャンプグループショット

遠藤さん:南相馬の子ども達は今、どんな状況ですか?

神谷:真野小学校は、学校の校舎が津波の被害を受けて
使えなくなってしまったので、今は、鹿島小学校という別の
学校の校庭の、仮設校舎で勉強しています。

外で遊ぶときはマスクをしていたり、放射能汚染の影響で
いろいろな制限があって、窮屈な思いをしているでしょうし、
生活も、震災以降、一変してしまいましたから、ストレスも
たくさんでしょうと思います。

遠藤さん:キャンプに参加した子どもたちの反応はいかがでしたか?

神谷:キャンプのあと、アンケートに感想をかいてもらったんですが、
もっと牧場にいたかった!毎日すごく楽しかった!
もっと馬に乗りたかった!川遊びも気持ちよかった!っていうような
感想ばかりでした。

外乗

乗馬だけでなく、一日、川遊びの日があったんですけど、
みんな、震災以降、丸2年、川でも海でもプールでも
泳いでいなかったので、川遊びの日は、ほんとうに
みんな嬉しくて大はしゃぎだったそうです。

思い切り遊んでもらえましたから、ほんとうによかったなあと思います。

川遊び

遠藤さん:次は、8月の中旬に予定されていらっしゃる。。

神谷:はい、8月の夏休み、また真野小学校6年生をご招待します。
楽しみです!

遠藤さん:資金は、どのように?

神谷:はい、主には募金活動で、みなさんにご協力をお願いしています。

遠藤さん:どのくらい集められましたか?

神谷:活動をはじめてから今まで、大体230万くらい集まりました。

最初はゼロからのスタートだったので、ほんとうにたくさんの
みなさんに応援していただけて、感謝の気持ちでいっぱいです。

遠藤さん:今は、チャリティークッキーの販売もしてらっしゃるんですよね?

クッキー

神谷:はい!キャンプでお世話になっている、長野県の授産所なんですけど、
須坂技術学園さんというところにお願いして、作っていただいています。

遠藤さん:須坂技術学園・・。

神谷:はい、学園にはパッケージやデザインご担当の方もいらして、
私達のポスターやチラシの原稿をもとに、パッケージも工夫して
作ってくださって、クッキーもハートの形で、とてもステキに
仕上げてくださいました。

遠藤さん:クッキーは、ゴマ味とチョコチップ味の2種類のクッキーの
9個入りで、400円!うち100円がキャンプご招待費用になるわけですね。
ご注文などは、インターネットで・・。

クッキー@マウイ6

神谷:はい、ブログホームページの中でご紹介と、
ご注文受付をさせていただいていますので、キャンプを贈ろうで
検索してください!

遠藤さん:キャンプを贈ろうの、贈るという漢字は、贈答品、贈り物の、
贈る・・という漢字表記ですね。

神谷:はい、宜しくお願いします!どうぞブログやHPに
遊びにきてください。

遠藤さん:それでは、最後に、新潟のリスナーのみなさんへの
メッセージをお願いします。

新潟ロゴ

神谷:はい。新潟のみなさん、おはようございます、お元気ですか?

新潟にも、地震災害がありましたよね、その後は、みなさんの生活、
無事に元通りになりましたでしょうか?

あのときは、何も行動を起こせなかったワタシですが、
今まで何もできなかったことへのお詫びのような気持ちももって
今の活動があります。

今日こうして、新潟のみなさんにお話させていただける時間を
いただけましたことをきっかけに、新潟が、とても近しい場所に
なりました。

新潟田園風景

どれだけ距離があっても、住んでる国が違っても、
支えたい、応援したいという気持ちがあれば、気持ちを寄せ合って
手をつなぐことができると思います。

これから、新潟のみなさんとも手をつなぎ、被災地支援の
活動ができるようになったら嬉しいなあと思います。

今日は、お話きいてくださって、ほんとうにありがとうございました。

遠藤さん:神谷さん、どうもありがとうございました。
これからも、活動、どうかガンバッテください!

神谷:はい!どうもありがとうございました!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

というわけで!なんとか無事に終わりました15分。

活動最初から、今までの15か月間のことを、15分で
お伝えしようとするのは、簡単ではないわけですが、
遠藤さんが上手にお話進めてくだったので、
なんとか、ざーっと、活動ご紹介になったかなあと思います。

・・いかがでしょう(笑)?

この放送のあと、新潟のリスナーさんが、フェイスブックに
メッセージをくださいました。

            

新潟県魚沼市在住の百合と芍薬の切り花農家です。
冬は山菜育てています。山菜の出荷のときにラジオを聴いていたら、
震災被災地の子供達をキャンプに連れていったり馬との交流を
させたりする話を聞いて、すばらしいなぁと思いました。

神谷さんたちの取り組みは、多くのひとが、こういうことを
やっているひとがいるんだと知ってもらうことに
大変意味があると思います。

            

・・という嬉しい激励メッセージ!!

ひとときでも、被災地のこどもたちのこと、被災地のこと、
心におもっていただける時間をつくれたこと自体が
ものすごく嬉しかったでした。。

FM Port

番組ディレクターの畠沢さんとの、ラジオ後のメールの
やりとりでも、”できることを続けていくことが
やはり一番大切で意味がありますね。自分には、
ラジオという手段で、活動をガンバッテいらっしゃるみなさんを
ご紹介することしかできないのだけれども、それでも意味があると
オモウので、これからも続けていきたいと思います”
という
メッセージをいただきました。

こうして、新しい出会いをいただき、ラジオでお話という
新しい挑戦(・・っていうことでもないかもしれないけど、、
うーん、やっぱり挑戦でした 笑!!)の機会をいただき、
嬉しいことづくしの、出来事でした。

FM PORT, Morning Gateのみなさん、新潟のみなさん、
ありがとうございました。

そしてそして、ここで、こうして今日もブログにたちよって
くださるみなさん、いつも支えてくださる応援団のみなさん、
改めまして!

今日も、ほんとうに!ありがとうございます!

さあ、月曜日!今週も元気にガンバリましょう〜!オーッ♪

カテゴリ: 広報活動

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://20ogpika.blog.fc2.com/tb.php/219-332c9f02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

このブログ上の写真(キャンプの写真のみ)は、財団法人ハーモニイセンターの 許可を頂いて使用しております。転載はご遠慮ください。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。