Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

〜東日本大震災被災地の子ども達にキャンプを贈る会〜

被災地の子ども達を、ハーモニィセンターのキャンプにご招待して目一杯元気になってもらいたい!という気持ちを軸に 作りました。被災地の子ども達はハーモニィのキャンプがなくても困らない。でも、ないよりも、あった方がいいに決まってる。子ども時代にハーモニィのキャ ンプがあったら、きっともっともっと強く生きられる。ハーモニィのキャンプは最高だからー。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

Trackback: --   本文: --   

【マイケルとマリコとトマト○○。。○】 

ケチャップ01.jpg


今日は週末なので、少々予定変更!
Coffee Breakに、キャンプの想い出をひとつ。

ある日の夕方。(もちろん20年前のお話)
次のキャンプのミーティングのために事務所に
みなで集まっていたときのこと。

スタッフのマイケルが、「今度のキャンプにくる、●●●マリコ、
知ってる?」と一言。

●●●マリコちゃん。名字は忘れましたが、小学校低学年くらいの
小柄の女の子。おかっぱ頭で、とても利発な、大人っぽい雰囲気の
女の子。いつも人の顔をじっとみて話し、別の世界のものが
みえているような(霊感とかそういうことではなく)、独特の世界を
もっているような子で、上目遣いに、いたっずらっぽく
ニコっと笑う顔が忘れられない印象深い女の子でした。

そのころ、割とよくキャンプにきていて、私の班の子であったことも
あるので、マイケルに、「うん、知ってるよ!ちょっとおもしろいよね」
というような返事をしたような気がします。

マイケルは、次にこういいました。

「あの子さ、すごいおもしろくてさ、いきなり、
『マイケルのトマトケチャップーー!!』っていうんだよ。」

一同、唖然。3秒後に大爆笑!

よくよく聞いてみると、その言われ方やタイミングは、まさしく、
”マイケルのバカーー!”とか、”マイケルのアホーー!”とか
”マイケルの、おたんこなすーーー!!”とかな感じで
(↑マイケル、ごめんなさい)、マイケルを、『トマトケチャップ』だと
言ったというのです。

それを言われたマイケルは、たぶん、ちょっとビックリもして、
切り返しに困ったようでした。

トマトケチャップってなんだよそれ〜〜??というようなことを
言い返したとかいうようなことを言っていました。

・・マイケル、覚えていますか?

子どもの発想やとらえ方は、ほんとうにユニークでおもしろい!

トマトケチャップは、マリコちゃんにとってどういう意味だったのか、
今でも大きな謎なんですけども、今でもときどき、ケチャップの容器を
みると、マリコちゃんの顔を思い出します。

マイケルのトマトケチャップーー!は、もしかしたら、
マイケルのこと、だーいすきーー!!だったのかな??

それとも、ほんとうに、マイケルのばーか!ってことだったのかな??
(マイケル、ごめんなさい。。)

でも、それがどんな意味であれ、遠慮無く、言いたいことを思い切り
ぶつけられる場所があったというのは、やっぱりマリコちゃんにとって
よかったんだろうと思うのです。

マイケルなら、きっと『トマトケチャップー!』って言っても大丈夫って
マリコちゃんは思ったのです。

のびのびした子どもの心と感性を、感じることができた、
ちょっと忘れられないエピソード。

あれももう20年も前のこと。
あのときのマリコちゃんは、もうりっぱなお姉さんです。
どうしているかなあ〜〜。。

今日は、ケチャップのボトルをみながら、マリコちゃんのことを
思い出した、ハーモニイな一日でありました。

みなさんの心の中の、”あのときの〜キャンプの●●ちゃん”は、
さて、だれですか?


・・明日は、またキャンプを贈る会のお話です♪


カテゴリ: キャンプの想い出

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://20ogpika.blog.fc2.com/tb.php/5-1258d981
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

このブログ上の写真(キャンプの写真のみ)は、財団法人ハーモニイセンターの 許可を頂いて使用しております。転載はご遠慮ください。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。