Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

〜東日本大震災被災地の子ども達にキャンプを贈る会〜

被災地の子ども達を、ハーモニィセンターのキャンプにご招待して目一杯元気になってもらいたい!という気持ちを軸に 作りました。被災地の子ども達はハーモニィのキャンプがなくても困らない。でも、ないよりも、あった方がいいに決まってる。子ども時代にハーモニィのキャ ンプがあったら、きっともっともっと強く生きられる。ハーモニィのキャンプは最高だからー。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

Trackback: --   本文: --   

【思い出の意味】 

思い出01

みなさん、こんにちは!

今日は、楽しい思い出は本当に大切!というお話。

キャンプを贈る会をはじめる前、被災地の子ども達を
キャンプにご招待できたらなあ〜ということを考えていたとき、
楽しい思いをいっぱいしてもらって、のびのびしてほしい!、
どんな楽しいことをしたって、バチなんかあたらない!と
思うのと同時に、”記憶の中に、楽しい思い出が自分の
子ども時代にたくさんあったということを、残してあげたいなあ”

と思っていました。

思い出。

子ども時代が終わっても、青年時代(ん?青春時代?)にも、
大人になっても、楽しい思い出は、疲れた心を癒し、
身体の緊張を解いてくれます。

とても大切。

好きな音楽を聴いて、リフレッシュしたり、元気になったりするのと
同じくらい、楽しかった思い出=楽しかった記憶は、自分の中から
いつでも取り出せるようにあると、薬のように、よく効きます。

ちょっと疲れたときなど、ふと何かの拍子に、昔の、子ども時代の
楽しかった思い出
を心の中によみがえらせると、
いつのまにか、心がふわっと軽くなり、ほっとひと息つけること、
ありませんか?


思い出だけでなく、写真も、その効果があるそうです。

思い出の写真を見て癒されたり、可愛い動物や子どもの写真を
みて心が和んだり。

可愛い動物や、赤ちゃんの写真をみて、知らず知らずのうちに
優しい表情になってしまうのは、心がホッと癒されているという証。

思い出深い一枚の写真を眺めて、すぐに昔の記憶がよみがえり、
懐かしさを覚えたり。

昔のアルバムをみて、楽しかったり、嬉しかった過去の良い記憶が
呼び起こされて、ほんのりした気持ちになるのは、同時に、
今現在のストレスや嫌なことから開放されて、心が癒されているから
だそう。

過去の楽しかった記憶は、”本当に、人の心をあたたかく、
癒してくれる”のです。


思い出03

心の分野の専門のお医者さまも、
“過去の良い思い出の写真は手元において、疲れた時に、
いつでも見ることができるようにしておくといいですよ”と、アドバイス
するそうです。

そうすると、心がリラックスして、脳も元気になって、身体にも
エネルギーがわいてくるとー。

私たちは、お医者さんではありませんが、楽しい思い出が
大事!ってことは知っています。

子ども時代に楽しい思い出がたくさんあると、大人になるまでも、
大人になってからも、元気に、たくましく、生きることができるって
知っています。


地震や津波がきて、とても悲しいこともあったけど、でも、
キャンプみたいな楽しい時間もあったなあ〜、すごく楽しかったなあ〜って
大人になってちょっとでも思い出してもらえたら、その子はきっと
そんな思い出を特効薬に、ほんとうに、強く明るく生きられる。

そう思いませんか?

震災の様子の悲しくて辛い写真。たくさんありますが、それに負けない
くらいの、明るく、のびのびといっぱい遊んだ、キャンプの楽しい思い出の
アルバムを、被災地の子ども達一人一人に、プレゼントしたいなあと
願いは強くなるばかりであります♪

キャンプを贈る会。
今日も、東北の子ども達のこと、祈ります。。

ponylogominimini.jpg

カテゴリ: みなさんへ

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://20ogpika.blog.fc2.com/tb.php/53-ecbfa1bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

このブログ上の写真(キャンプの写真のみ)は、財団法人ハーモニイセンターの 許可を頂いて使用しております。転載はご遠慮ください。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。